行政書士の試験勉強は、トータル的には通信講座がおすすめではないかと思います

行政書士の試験勉強は、トータル的には通信講座がおすすめではないかと思います。

 

というのは、行政書士の試験勉強の中で、もっともメリットがあるためです。

 

通信講座のメリットは、カリキュラムに無理がないことです。

 

独学の場合には、学習を自分ひとりで行うため、よく勉強をサボりがちになります。

 

一方、通信講座の場合には、事前にカリキュラムが6ヶ月くらい設定されています。

 

そのため、カリキュラムに沿って「やむを得ず頑張る」というようなことになります。

 

途中で辞めてしまって、勉強がなかなか継続しないという場合におすすめなのは通信講座です。

 

通信講座のメリットは、自由度がほどよくあることです。

 

通信講座は、カリキュラムに沿って基本的には勉強することが必要ですが、好きな場所、好きな時に学習できます。

 

そのため、通信講座は学習を自分のペースで行うことができます。

 

通信講座のメリットは、丁寧に添削を個別に行ってくれることです。

 

通信講座の場合には、分からないことはFAXや電話、メールなどで容易に質問できます。

 

添削を個別に行ってくれるため、自分の弱点が分かって、試験対策のためには非常に効果的です。

 

また、最近の通信講座では、ネット上で受講生同士のSNSや掲示板などのサービスがあったり、Q&Aを紹介していたりするところもあります。

 

通信講座のメリットは、料金がリーズナブルであることです。

 

国家資格を取るため、自己投資はある程度は必要になります。

 

行政書士の通信講座の場合は、5万円〜6万円くらいが料金の相場になります。

 

模擬試験や通信添削を受けることが可能であるなど、充実したいろいろなサポートやサービスがあるため非常にリーズナブルでしょう。

 

 

 

 

 

 

行政書士の資格を取得