行政書士試験の合格率というのは、7.27%が平均になっています

行政書士試験の合格率というのは、7.27%が平均になっています。

 

合格率の数値は、計算の対象をどの年度からどの年度までにするのかで多少変化します。

 

先にご紹介した7.27%という合格率は、平成18年度から平成23年度までの平均の合格率です。
計算の対象をこの期間をしたのは、平成18年度以前と以降では行政書士試験が全く違っているからです。

 

実は平成18年度に、行政書士試験の大幅な試験制度の改定が実施されました。

 

試験の日程の変更や試験科目の新設・削除などもありましたが、試験の難易度が最も大きく改定されました。

 

そこで、まず、合格率の直近10年間の推移についてご紹介しましょう。

 

新しい試験制度が始まる前は、合格率が平成14年度は19.23%平成15年度は2.89%平成16年度は5.33%平成17年度は2.62%でした。

 

一方、新しい試験制度が始まった後は、合格率が平成18年度は4.79%、平成19年度は8.64%、平成20年度は6.47%、平成21年度は9.05%、平成22年度は6.60%、平成23年度は8.05%で、新しい試験制度が始まった後の平均の合格率は7.27%になります。

 

このような合格率の変化からも分かるように、改定される以前の試験では大きな開きが合格率にありました。

 

 

一方、新しい制度に移ってからは、改定初年度の平成18年度はまだ落ち着いていませんが、それからは合格率も安定してきています。

 

つまり、試験制度が改定されたことによって、行政書士試験は実力の有無が本当に問われるものに生まれ変わりました。

 

行政書士の資格を取得