行政書士試験の概要についてご紹介しましょう

行政書士試験の概要についてご紹介しましょう。

 

行政書士試験の受験資格はないため、受験するのはだれでもできます。

 

行政書士試験の試験日は、毎年1回で11月の第2日曜日になっています。

 

行政書士試験の受付期間は、毎年8月上旬〜8月下旬になっています。

 

行政書士試験の申込方法としては、「インターネットからの受験申込み」と「郵送での受験申込み」の2つがあります。

 

行政書士試験の受験手数料は7,000円になっています。

 

行政書士試験の試験科目としては、行政書士の仕事をするために必要な法令等について46題が出題されます。

 

 

憲法、民法、行政法、基礎法学および商法、行政書士の仕事に関係する一般的知識等、政治・社会・経済、個人情報保護・情報通信、文章理解の科目があります。

 

なお、行政法は、一般的な法理論、行政不服審査法、行政手続法、行政事件訴訟法、地方自治法および国家賠償法が中心になります。

 

行政書士試験の内容としては、筆記試験で、出題の様式は、「行政書士の仕事に関係する一般的な知識等」は択一式、「行政書士の仕事に関係する必要な法令等」は記述式および択一式となっています。

 

行政書士試験の合格発表は、毎年1月の第5週に行われます。

 

行政書士試験の合格発表は、(財)行政書士試験研究センターにある掲示板に合格した人の受験番号が公示されます。

 

掲示板に合格した人の受験番号が公示された後、全員の受験者に合否通知書が送られます。

 

 

 

 

行政書士の資格を取得