法律のプロである行政書士の年収というのは、法律職であるため高いというような印象があります

法律のプロである行政書士の年収というのは、法律職であるため高いというような印象があります。

 

しかしながら、行政書士の年収は、自分が取得している関連する資格や仕事をしている行政書士事務所などによって非常に違っているのが実状です。

 

行政書士の年収は、取り扱っている書類の単価×数で決まってきます。

 

報酬規定が無くなって単価が低下してきているため、行政書士の年収はそれほどいい状況ではありません。

 

行政書士の年収は500万円以下がほとんどだそうです。

 

社会保険労務士や税理士などと資格をタブルで取得している場合も多く、一律ではありませんが、1,000万円以上の年収を仕事の方法次第で稼ぐこともできるそうです。

 

ほとんどの行政書士の人が独立開業を目指します。

 

年収はどれくらいなのか

 

経験を行政書士事務所において積んで、はっきりと自分の行うことを決めると独立開業するというような人も多くあります。

 

独立開業すると、はっきりと年収も分かれてきます。

 

成功しているような場合は1,000万円をオーバーしているような年収の人もおり、うまくいっていないような場合は300万円にも満たないような年収の人も中にはいます。

 

出身は法学部の人が多いので、マーケティングや経営に関してはそれほど詳しくない人がほとんどであるということも事実です。

 

そのため、先々、行政書士として独立開業しようと思っている場合には、マーケティングや経営に関しても学習しておくことが必要でしょう。

行政書士の資格を取得