行政書士の通信講座を受講している人は、学習期間が6ヶ月だそうです

行政書士の資格を取得するためには試験勉強をする必要があります。

 

では、行政書士の資格を取得するためには、通信講座を利用するにせよ、独学で勉強するにせよ、どのくらい他の人は勉強しているのでしょうか?

 

もちろん、個人の能力によって資格を取得するまでのトータルの学習期間は違ってきます。

 

通信講座受講者の学習期間

 

しかしながら、あるデータによると行政書士の場合は600時間平均的に勉強しているそうです。

 

社労士の場合は1,000時間、公認会計士の場合には5,000時間も平均的に勉強しているそうです。

 

このような士業に比較すると、行政書士の場合はトータルの勉強時間は多くないようです。

 

サラリーマンの場合でも、仕事をしながら行政書士の資格を取得しようと思っている人が多い理由は、このようなことがあるのかも知れないですね。

 

行政書士の通信講座を受講している人は、学習期間が6ヶ月だそうです。

 

600時間ということを考慮すると、2時間1日に学習すると計算上は約10ヶ月もかかりますね。

 

この期間の違いはどういうことなのでしょうか?

 

600時間というのは基本的には平均の時間です。

 

4、5ヶ月で人によっては受かる人もいるし、勉強を1年以上行っている人もいます。

 

通信講座というのは、試験の傾向を掴んで学習をポイントを絞って行うことができるため、勉強がスマートにできることがメリットです。

 

しかしながら、通信講座でも全員が受けると合格になるほど、甘い試験ではないのでしっかりと通信講座でも勉強しましょう。

 

 

 

行政書士の資格を取得