行政書士試験は独学で受かることができるのでしょうか?

近年、行政書士試験は難易度が非常にアップしたと言われています。

 

では、行政書士試験は独学で受かることができるのでしょうか?

 

行政書士試験は独学でも受かります。

 

独学で勉強して、実際に行政書士試験に受かった人は多くいます。

 

近年、行政書士試験は難化傾向が明らかにみられますが、独学で合格することができるものです。

 

もちろん、勉強をしっかり行っておくということは必要です。

 

平成23年度において、行政書士試験の受験者数は66,297人で、合格率は8.05%でした。

 

合格した人は、受験した100人のうち8人のみということになります。

 

合格率は確かに以前よりも低下しています。

 

独学でも受かる事は可能?

 

しかしながら、点数のみが試験の合否を決めます。

 

受験した人の数%しか受からないとか、合格者を限定するとか、というようなことはありません。

 

つまり、合格率というのは参考程度のもので、どの程度の点数を自分が取ることができるかということのみが問題なのです。

 

そして、合格基準の正答率は60%なので、あまり厳しいものではありません。

 

さらに、行政書士試験は難しいと言われていますが、出される問題はストレートなものが比較的多く、非常に細かな問題やひっかけの非常に難しい問題などはありません。

 

そのため、行政書士試験は試験対策がひとりでも立てやすいものであると言えます。

 

この試験には、合格するための秘訣のようなものはありません。

 

試験の合否を決めるのは、受験する人がしっかりと行政書士試験で出題される範囲を勉強してあるかということのみなのです。

 

ネットでは、独学で行政書士試験に合格したいと考えている人のために、独学での勉強に対する考え方や勉強のコツなどを紹介しているサイトがあるので参考にしてみましょう。

 

 

 

 

行政書士の資格を取得