行政書士の仕事全部教えますガイド

行政書士の資格取得記事一覧

行政書士試験の概要についてご紹介しましょう。行政書士試験の受験資格はないため、受験するのはだれでもできます。行政書士試験の試験日は、毎年1回で11月の第2日曜日になっています。行政書士試験の受付期間は、毎年8月上旬〜8月下旬になっています。行政書士試験の申込方法としては、「インターネットからの受験申込み」と「郵送での受験申込み」の2つがあります。行政書士試験の受験手数料は7,000円になっています...

行政書士の資格試験は難関ということで知られていますが、実際には、行政書士の資格試験はどのくらいの難易度なのでしょうか?資格試験の難易度を測定するものさしにはさまざまなものがありますが、そのひとつに受かるために必要なトータルの学習時間があります。例えば、「みっちり1年間かけて学習して、やっと受かるレベル」と聞くと、難易度が相当高いものであると思うのではないでしょうか。ちなみに、行政書士の資格試験に受...

近年、行政書士試験は難易度が非常にアップしたと言われています。では、行政書士試験は独学で受かることができるのでしょうか?行政書士試験は独学でも受かります。独学で勉強して、実際に行政書士試験に受かった人は多くいます。近年、行政書士試験は難化傾向が明らかにみられますが、独学で合格することができるものです。もちろん、勉強をしっかり行っておくということは必要です。平成23年度において、行政書士試験の受験者...

行政書士の試験勉強は、トータル的には通信講座がおすすめではないかと思います。というのは、行政書士の試験勉強の中で、もっともメリットがあるためです。通信講座のメリットは、カリキュラムに無理がないことです。独学の場合には、学習を自分ひとりで行うため、よく勉強をサボりがちになります。一方、通信講座の場合には、事前にカリキュラムが6ヶ月くらい設定されています。そのため、カリキュラムに沿って「やむを得ず頑張...

法律のプロである行政書士の年収というのは、法律職であるため高いというような印象があります。しかしながら、行政書士の年収は、自分が取得している関連する資格や仕事をしている行政書士事務所などによって非常に違っているのが実状です。行政書士の年収は、取り扱っている書類の単価×数で決まってきます。報酬規定が無くなって単価が低下してきているため、行政書士の年収はそれほどいい状況ではありません。行政書士の年収は...

行政書士試験の合格率というのは、7.27%が平均になっています。合格率の数値は、計算の対象をどの年度からどの年度までにするのかで多少変化します。先にご紹介した7.27%という合格率は、平成18年度から平成23年度までの平均の合格率です。計算の対象をこの期間をしたのは、平成18年度以前と以降では行政書士試験が全く違っているからです。実は平成18年度に、行政書士試験の大幅な試験制度の改定が実施されまし...

行政書士の資格を取得していると就職する場合に有利なのでしょうか?就職する場合に有利かと言うと、残念ながら答えはNOになります。一般の会社においても、確かに行政へ届け出る書類の作成はあります。しかしながら、このような書類は専門に行政書士を雇って作成するほど多くはないためです。違った面から、会社内で行政書士の資格が活用できるか見てみましょう。資格で就職する場合に有利なものとしてよく言われるものに、IT...

行政書士はどのような仕事を行っているでしょうか?行政書士の仕事で世の中で良く知られているものと言うと、官公署へ提出する書類を作成したり提出したりすることがやはりほとんどでしょう。行政についての書類でも、普通の人になじみ深い税金関係については税理士が扱っており、登記関係については土地家屋調査士や司法書士が扱っており、労働保険・社会保険関係は社会保険労務士が扱っており、というように、これを行政書士は扱...

行政書士の資格を取得するためには試験勉強をする必要があります。では、行政書士の資格を取得するためには、通信講座を利用するにせよ、独学で勉強するにせよ、どのくらい他の人は勉強しているのでしょうか?もちろん、個人の能力によって資格を取得するまでのトータルの学習期間は違ってきます。しかしながら、あるデータによると行政書士の場合は600時間平均的に勉強しているそうです。社労士の場合は1,000時間、公認会...